ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

2017 京都 晴明神社〜頂法寺 六角堂

御飯を済ませたら毎回行ってる『清明神社』に向かいます。

f:id:cheru-215shamal:20170417145918j:image

自分はパワースポットを信じているわけではなく、神社やお寺、古い街並みや瓶チェリオなんかが売ってそうな駄菓子屋、おばあさんがやっていそうなお好み焼き屋なんかが好きなだけなんですけどね
前回、他の場所に行こうとしても携帯ナビが何故かここしか指し示さなかった事があり、それは現代において自分の好きな場所が揺らいでいるからなんだろう。だからここに行けと。
それならばと最初からルートに入れておきました。
f:id:cheru-215shamal:20170417145945j:image

 f:id:cheru-215shamal:20170417150003j:image

 

陰陽師 安倍晴明公の屋敷跡に建つ神社でお詣り
厄除け桃も相変わらずすべすべですね

f:id:cheru-215shamal:20170417150127j:image
『桔梗印』の形をした交通安全の御守りと、玄関に貼るお札を購入しました(=゚ω゚)ノ

さて…本日の予定は全て完了した訳ですが
まだ時間ありますね。

そこで駅までのルート途中にある聖徳太子創建と伝わる『紫雲山頂法寺』(六角堂)に立ち寄る事にします。
何故、六角形なのかといえば『六道輪廻』からきているのだろうと想像出来ますが、もちろん、地上目線では建物が六角形なのかすぐにはわかりません。
f:id:cheru-215shamal:20170417150158j:image


京都の中心地、まさに「こんなところに?」( ゚д゚)
という場所にある頂法寺
決して大きくはないのだけれど、ここだけ周りと違ってピリッとくる雰囲気はあります。
それまで、明るい朱門や視界の開けた場所を見てきたからでしょうか?
明らかにそれまでとは違う感覚があったのですよね。

f:id:cheru-215shamal:20170417150227j:image

f:id:cheru-215shamal:20170417150306j:image

本堂へ向かい『本尊 如意輪観音』に挨拶
何を願ったわけでもございません

その後、茶屋売店で座って目を閉じます。
しばらくじっとしていたら慣れてきたので、会社の連中へのお土産をついでに買って、帰路につきます。

 

駅にて
みどりの窓口で新幹線の切符を買うつもりが、何故か違う窓口に行ってしまい近鉄バスの切符を買って後、払い戻しをしてもらったのは内緒だ。
f:id:cheru-215shamal:20170417150326j:image


京都タワーも登ってみたいなー