ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

春の京都 2019 の3

ただまっすぐ路なりに走って東山慈照寺
通称『銀閣寺』到着です。

f:id:cheru-215shamal:20190408223850j:image

f:id:cheru-215shamal:20190408223832j:image

質素に感じられながら高貴な佇まい

f:id:cheru-215shamal:20190408223717j:image

 

銀閣寺が目指したものは、『自然と調和していながらの存在感』だと私は思っていて、観音堂も本堂も、シンボリックな銀沙灘も向月台も
中門に至る垣根さえも


f:id:cheru-215shamal:20190408223711j:image

 

どれをとっても主張し過ぎず、かといって地味で目立たないわけでは決してなく、対比とされる金閣寺より質素な意匠でありながら、気品溢れる渋い侘び寂びの世界であります。



f:id:cheru-215shamal:20190408223804j:image

おそらく、足利義政はこの世界観を建造物にする為かなり熟考した筈

これは哲学向きですわヽ(´▽`)


f:id:cheru-215shamal:20190408223748j:image

というわけで、銀閣寺を出てから『哲学の路』を散歩することにしました。

 

桜は満開未満
物想いに耽る…とまではいきませんでしたが、まったり歩いていきます。

 


f:id:cheru-215shamal:20190408223734j:image

 

f:id:cheru-215shamal:20190408224200j:image
f:id:cheru-215shamal:20190408223727j:image