ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

浜名湖方面へ

いつもは夏に行ってる浜松方面ですが、今回は市内に住む知り合いに会う用事が出来たのを口実にして行ってきました。

 

わざわざ出向くのとは違いますよ
乗りたいのにモチベーションがいまいち上がらない時は人と約束してしまうのが一番の解決法だからね( ̄▽ ̄)

f:id:cheru-215shamal:20181229102728j:image

行き方は最後を除いて超絶簡単
国道一号線をひたすら走るだけ
なんですけど、東海道に移るところでまた間違えちゃいました(≧▽≦)

 

≦)

f:id:cheru-215shamal:20181229100226j:image
戻って下って湖西市から弁天島

しかし、ここを越えたところで私の身体に変化が…
身体に力が入らないの(´・_・`)
意識も朦朧としている気がする

これが俗に言うハンガーノ…
いやいや、頭痛も寒気もないし

単にお腹が空いていたのでした。


顔を上げると目の前にはご飯が
看板の『はませい』が「はよせい」に読めてしまった腹減り脳

f:id:cheru-215shamal:20181229102645j:image

f:id:cheru-215shamal:20181229101256j:image

しかし…うーむ…
この店構えはいかにも高そうだ

(本日の所持金¥3.000-)


浜名湖に来るのに鰻を食べてもヘラヘラしていられる財布を持ってこなかったのは私のミスです。

でも入りました。


で、予想通り座敷しかなく、しかも店玄関からそこまで距離がある店でした。
距離がある店=高価なのは常識( ´ ▽ ` )ノ

f:id:cheru-215shamal:20181229102704j:image

本日の昼飯

この店で一番安い海老フライ定食¥1.680也

あ、ちなみに、海老はぎっちり身が詰まっていて美味しかったです。

追加で何かをオーダーするところでしたが
しかし、本日貧乏故仕方なし

 

出発します

湖畔に沿って裏側まで行ってまた戻って

f:id:cheru-215shamal:20181229100755j:image


ついでなので米津の浜と遠州砂丘の一部を観に行ってみましょう


途中で地元のおじさんに道を聞いたところ「ここを真っ直ぐ行けば着く」と教えてもらいました。
そのまま真っ直ぐ行ったら行き止まりでしたよ( ゚д゚)

そして、そこに見えたのはビニールハウスの廃墟!

コレを乗り越えて行け!と言いたいのやな?

 

なんとか浜に通じる道を見つけ、丘を上がった私の眼前には

f:id:cheru-215shamal:20181229103119j:image

見渡す限りの松と砂と海

この砂浜は御前崎まで50kmも続いているそうです


f:id:cheru-215shamal:20181229100749j:image

f:id:cheru-215shamal:20181229103140j:image

『なんか良いわー』(´д`)…

世のすべてから自分を解き放ち、風景を眺めながらボーっとするのに最適な場所です

 

ここに沿ってロードバイクではひじょうに走りにくいサイクリングロード?のようなそうでないような細道があり、暫く沿って走ってみました。

f:id:cheru-215shamal:20181229103517j:image

シクロクロスバイクで乗りたくなるような道ですね( ゚д゚)…

 

 

さて、時間も押してきましたので、一般道へ戻って浜松市街地へ向かいます。

3人の知り合い+1人と小一時間歓談し、帰路に着きました。

 

今回一番お気に入りの写真は鳥居の彼方に沈む夕陽です
f:id:cheru-215shamal:20181229100800j:image