ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

ルック クオーツとタイム アタックペダル 2

その使用感は

ルッククオーツ かっちりとはまります

同社のロードペダルみたいに、ばちぃんという感じではありません。

タイム アタック ぬるっとはまります

同社のロードペダルみたいに、ぱちっという感じではありません。


が、設計思想はMTBペダルでも同じです。

タイムにはフローティング機構があって僅かに動いて膝に優しいですし、ルックは動かない代わりに踏み面の当たりを強調してきます。


実際はどのように接地しているのかみてみましょう

画像1はルッククオーツです。

f:id:cheru-215shamal:20181025180145j:image
f:id:cheru-215shamal:20181025180149j:image

サイドのソールにしっかり接地しています。

踏んだ感じも捕らえている感がちゃんと伝わります。

 

対して画像3のタイム アタック

f:id:cheru-215shamal:20181025180218j:image

画像1で使用したシディのドラゴン2よりサイドのブロックが深い割には接していません。


しかし、それでは何故、タイムペダルは点と点で結び付いているだけだと感じないのか?

f:id:cheru-215shamal:20181025180247j:image

画像4の後ろの面でしっかり接地しているからですね。


ルックは横に、タイムは縦にシューズがペダル面を捕らえているという事でした。

ペダルを踏むのか押すのかの違いではないかと思われます。


ルックはこのペダルの後継機種として、S-トラックシリーズをリリースしましたが、これがまたクオーツ以上に何処にも売ってない( ゚д゚)

f:id:cheru-215shamal:20181025180350j:image


形状を見る限り、横にも縦にもソールが接地する良ペダルな筈なのに!


それも既に廃番となってしまいました(ノД`)


まだ終わって間も無く、売っているところはありそうなので、探してみます。

 

 

look(ルック) S-TRACK

look(ルック) S-TRACK