ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

あの時得られなかったものを取り戻す為に 2

あー…

木陰が嬉しいですわー…( ゚д゚)…

f:id:cheru-215shamal:20180913094857j:image

ああ、いかん 前に進まねば

f:id:cheru-215shamal:20180913095037j:image

 

宇治川桂川、木津川の合流点近くまで来たので、悪名高い淀川沿いのサイクリングロードを走ってみる

f:id:cheru-215shamal:20180913094836j:image

ハイ!ヽ(・∀・)
もう一度走りたいとは思えません
噂に違わず車止めのような障害物がたいした距離でもないのに、頻繁に現れるんですぜ…(ノД`)
これはアカン!
誰も喜ばないよ!
これでは『意味のない箱モノ』作ってるのと変わらないよ。

 

171号に戻って高槻〜茨木へ
アーケードの商店街で補給して…

f:id:cheru-215shamal:20180913095112j:image

到着しました。


万博記念公園

何処から入ったらいいのか、暫し迷いました。

f:id:cheru-215shamal:20180913095229j:image
係人らしきオジサンに駐輪場の在り処を聞いたら…
なんと( ゚д゚)開口一番「自転車ははいれませんよ!」

そんな事、わかってるがな(ノД`)

f:id:cheru-215shamal:20180913095541j:image
一言、一言区切って「こちらは!駐輪場と!チケット売り場を聞いているんです!」
「ああ、それならそことそこですよ。自転車は入れませんよ」
まーだ言うか( ゚д゚)…

という、一悶着がありました。

 

f:id:cheru-215shamal:20180913094641j:image

気を取り直してチケットを購入し、園内に入ります。

 

そうそう…
この『太陽の塔

f:id:cheru-215shamal:20180913095327j:image
表の顔と裏の顔を持つ、この建造物をずっと直に見たかったんだよなぁ…

f:id:cheru-215shamal:20180913095411j:image
目の前にある太陽の塔

実際に目の前にすると
わだかまりでもなく、満足度でもなく…私の語彙では何とも形容できない、ある種の寂寥感と共に抱え続けていた何かが氷解していきます。

f:id:cheru-215shamal:20180913095452j:image

何かを取り戻したわけじゃなかった
でもやはり、ここに来るべきであった。


満足したので、お土産を買って帰路に着きます
京都まで戻って、明るいうちに帰ってきました。

f:id:cheru-215shamal:20180913095607j:image