ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

2018 恒例の京都 5

清明神社を出発し、向かったのは3年ぶりの『建仁寺』です。

f:id:cheru-215shamal:20180126024929j:image

清明神社から京都御苑横を通過し、四条から花見小路へ
約5キロ走って祇園到着です

 

建仁寺文化財満載の上、写真撮影可となっている箇所も多くて外国人にも人気があるお寺さん
ヽ(・∀・)

 

時代は比叡山延暦寺が圧倒的に強く、禅寺を開く事は困難だったようですが、それでも開いたその意志のかけらでも私にあれば、もう少しマシな人間になっていたであろうなあ。

f:id:cheru-215shamal:20180126024955j:image

 f:id:cheru-215shamal:20180126025008j:image

風神雷神図、方丈障壁画

f:id:cheru-215shamal:20180126025047j:image

f:id:cheru-215shamal:20180126025108j:image

襖絵、方丈の庭、本坊の枯山水庭園を巡り

f:id:cheru-215shamal:20180126025124j:image

f:id:cheru-215shamal:20180126025206j:image
そして、法堂の天井画、『双龍図』

 

f:id:cheru-215shamal:20180126025227j:image
畳108畳分の水墨画はその壮大さに圧倒されますね。

 

京都について調べていると「応仁の乱によって焼失」という文面がよく出てきます。
国を統治する人間の能力が不足してくると街が荒廃する遠因となるのはどこの国もいつの時代も同じ事
そこで失われた遺産や文化財を復興し維持していくのは大変な事ですが、それらをこのように目に出来る事に感謝して明日を迎える人間になっていきたいものです。

 

建仁寺を拝観後
『安井金毘羅宮

f:id:cheru-215shamal:20180126025254j:image
に寄って去年のお礼を

f:id:cheru-215shamal:20180126025316j:image

あとは八坂の塔を見たりデマルキ京都店(営業時間終了してた…)に寄ってみたりしながら

f:id:cheru-215shamal:20180126025400j:image

駅に向かい帰ってまいりましたヽ(・∀・)