ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

伊勢神宮 3

ホテルに着いて、まずおこなったのは雨が染みたレータイをドライヤーで乾かす地味な作業(。-_-。)

人前に出られる状態にして、一階のレストランに行けば”団体の貸切”という憂き目に(。-_-。)

 

なんなのでしょう
暇つぶしに夜、海を見にいったけど恐怖しか感じなかったし

 

海のついでに近くの飯屋に出向き『伊勢うどんと手こね寿司』を注文
店内には同じホテルに宿泊している旅行者でしょうか
「5組程度しか泊まってないよねー オレが経営者だったらやめて人に貸すわ~ ガハハハ」
自分に自信があるのでしょうか、ツレの女の前でドヤ顔で語る姿は滑稽トーク
それをBGMにして飯を黙々と食します。
(少なく見積もっても15組は宿泊していました)

 

気を取り直して翌朝
もう一度『二見興玉神社』に詣り

f:id:cheru-215shamal:20170501225411j:image
その後、伊勢まで戻ります
ルート的にはスムーズではないのですが、「伊勢詣では外宮から」なのでありました。

 

豊受大神宮』は好きな場所であり
正宮では去年から今年の今までの感謝の気持ちを別宮では願いを

f:id:cheru-215shamal:20170501225439j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225500j:image
『土宮』『風宮』を勝手に解釈すれば地面と風
どちらも自転車にとって大事な要素です。

f:id:cheru-215shamal:20170501225543j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225630j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225700j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225714j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225751j:image
石段を登り『多賀宮』でお詣りし、すぐ近くのもうひとつの別宮である『月夜見宮』へ

 f:id:cheru-215shamal:20170501225821j:image

ルートを戻って『倭姫宮』『月讀宮』と廻ります

 f:id:cheru-215shamal:20170501225857j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501225959j:image

倭姫宮も別宮とは思えない佇まいでしたが、月讀宮の四つの社が連なる造りは初めてでした。
人の気配も少なく静かで落ち着く空間…^ ^
神明鳥居と苔がのぞく石段が良いですね

 f:id:cheru-215shamal:20170501230019j:image

f:id:cheru-215shamal:20170501230039j:image