ケルビムと白蛇と山羊の日記

主に自転車関連の事をつらつら書いています

イントログローブご臨終

f:id:cheru-215shamal:20190717133444j:image

ご臨終しました

通気性も良くなって快適( ゚д゚)…

(なわけはない

そりゃ、山羊や羊だと薄いもんな

 

これでイントロのグローブはトリガー1に続いて破れて終了である。

元々グローブは消耗品ではあるが、造りと素材選択の所為でご臨終とは、今後の購入を躊躇わせるに充分

『日本の技術ヲー』

とか言うてる割にはメイドインチャイナだしな

 

同時期に購入したピタードレザー採用のパールやカンガルーレザー仕様のHIRZLはまだまだイケるで!

f:id:cheru-215shamal:20190717134910j:image

 

ちなみに冬用手のひらレザーグローブ

真ん中がイントロ

 

f:id:cheru-215shamal:20190717135113j:image

 

一番最近購入、かつ一番分厚いヘストラはともかく、使い勝手が良く登場シーズンも長いUSパールの薄手と、ヤレ具合が変わらんのはシャレにならんで!

 

(その他、冬用)

f:id:cheru-215shamal:20190717140525j:image

 

合成皮革は使おうが仕舞っておこうがいつかはパリパリになるし、革のフィット感は気に入っているから、イントロ外すとやっぱ、パールとHIRZLなのかね(*´・ω・)(・ω・`*)

 

(その他夏用)

f:id:cheru-215shamal:20190717140533j:image

 

自転車でひき逃げ容疑で男を逮捕 歩行中の82歳が骨折

ルック車乗りにありがちな蛮行であり、こんな輩と一緒にされたらたまったもんじゃないですわ

と、多くのサイクリストは思っているだろう

 

そして、一部の自動車側からの筋違いな中傷

確かに自動車事故の推移は下がり気味である
しかし、そこには『飲酒運転率』が下がり『シートベルト着用義務化』といった要因がある

 

この手の事故が起きると、ここぞとばかりにジテンシャニモメンキョガーの脊髄反射君がここぞとばかりに沸いてくるが、幼児から免許返納乗り換え者含めて幅広い年代の方が利用する軽車両に、どのような設問をするのか考えたことがあるのだろうか?

 

どんな年代の人間にも同じ筈である道交法を適用し、その免許とやらの取得の為の試験があるのならば、誰にでも理解出来き、かつ内容は変わらない設問をしなければならない。

それこそ未就学児から高齢者まで


このように現実的ではなく、世界的にジテンシャニモメンキョガーなんて騒いでいる国などほぼない。

同じ免許を持っている筈の自動車運転者にも差があるように、結局、何の乗り物に乗ってもアカン奴はアカンのである。

そんなヤツの所為で要らぬ制度が設けられるのは真っ平で、抑止力にするならやらかした時の罰則規定の強化で充分である。

 


裾野が広がり民度が下がればこのようなど素人の暴論がまかり通るのも自転車に限った話ではない

我々はそうやって何かに縛られないとまともに道路も使えないのだが、それは民度が低いのと同義である。


それが通ってしまう前に、これ以上自転車という乗り物を地に落とさないように、我々自転車乗りの民度を貶めないように、私も含めて気をつけて運転しましょう

KCNCスルーアクスル 2

無駄に豪華な箱w

f:id:cheru-215shamal:20190421190805j:image

開けてみたヽ(´▽`)

f:id:cheru-215shamal:20190421190835j:image

 

えー…

受け側の金具が違うくない?(´・ω・`)

f:id:cheru-215shamal:20190421190923j:image

 

まあ、いい

早速取り付けてみる

f:id:cheru-215shamal:20190421192153j:image(参考画像)

ボルトを抜き、軸受金具を外す

f:id:cheru-215shamal:20190421191050j:image

ボルトを再度入れながらKCNCの軸受金具をはめる

狭いから斜めに入れないよう注意

f:id:cheru-215shamal:20190421191228j:image

フレームエンドの穴からシャフトを入れ、固定する

f:id:cheru-215shamal:20190421191320j:image

 

 

で、固定出来ました

 

ツラいちにはならず、はみ出ている部分はございますが…

 

 

見た目はともかく、緩みもズレもなく、取り付けられているので暫く使ってみようと思います。

 

 

 

KCNCスルーアクスル

先日、京都から帰ってきて以来、置物と化していたフォーカス マレス号

 

オリジナルのスルーアクスルは9,000もするという事で購入を躊躇しておりましたが、軸受を外せばサードパーティ品でも使えるのではないか?と思い検索する

 

スルーアクスルにはシマノ イースルーとロックショックスがあり、それぞれネジピッチが違う

しかし、マレス号はフレームにねじ切りをしてあるわけではないのでそこは関係ない

受け側にエンドに嵌る大きさのナット状の金具が付いていればいい

こっちじゃなくって↓

f:id:cheru-215shamal:20190421185438j:image

こっちのタイプ

f:id:cheru-215shamal:20190421185442j:image

さて、じゃあシマノのスルーアクスルでも注文するか(´・ω・`)

オリジナルの半分の金額だし…

 

とアマゾン検索をかけてみるとそこには

通常、1万円越えの価格で販売されているKCNCのスルーアクスルが何故か一本だけ半額近くになって出品されているではないか( ゚д゚)

f:id:cheru-215shamal:20190421190105j:image

カラーはグリーンのみでバイクに合うわけではないが、コレは買うでしょう

シマノアクスルより、見た目もいいし

 

で、到着しました。

って、アレ?

なんか見た目が違うくない?(゚Д゚ )

テスタッチ ヘレボラス MCM

今のかたちになって10年近くが経過するsc61-10a号

f:id:cheru-215shamal:20190417201802j:image

あと一年ぐらいは乗るつもりだが、その後はどうするか?

いつかは代わりのアルミフレームを買わなきゃな…

そして一時期は存在が浮いてしまうかと思われたワンバイエスのフロントフォーク

 

予定は前倒しになるが、東京サンエスさんとの約束通りsc61-10a号に代わるフレームを注文しました。

 

今はもう休止状態のテスタッチ 

そのアルミモデルであるヘレボラス フレームセットです

f:id:cheru-215shamal:20190417201959j:image

 

一応、今回の事態が起こる前には候補もあったのですが、例えばチネリのイクスペリエンス 

f:id:cheru-215shamal:20190417202501j:image

とか、(お財布的に)通勤使用に最適なTNIとかね

 

でもまあこの先、東洋フレームレベルの高い技術力を用いた日本製で、コロンバスパイプを使用したモデルがこの価格で市場に出るとはちょっと考えられないので、良い機会だと思ってみるヽ(´▽`)

 

で、入荷したとの連絡を受けて見に行ってみた

f:id:cheru-215shamal:20190417205427j:image

 

視認性の高いイエローカラーのヘレボラス

 

こいつをデコり

f:id:cheru-215shamal:20190417205535j:image

 

それからガラスコーティングを施工してもらいます

 

まあ、組み立てて自転車のかたちにするのは来年かな

ロードにするのか、フラットバーにするのかはまだ決まっていない

 

 

 

 

 

 

春の京都 2019 の4

f:id:cheru-215shamal:20190408231524j:image

哲学の路を出て、最後に向かったのは今年もやはり『晴明神社

f:id:cheru-215shamal:20190408231510j:image

元々、陰陽師という存在を知ったのは当時の彼女が夢枕獏のファンだったからで、安倍晴明の名もそれから刻まれました。

f:id:cheru-215shamal:20190408231603j:image

平安時代に超能力バトルを繰り広げていた(とされる)伝説の陰陽師安倍晴明を祀る晴明神社はこじんまりとした清楚な雰囲気を醸し出している社です。

f:id:cheru-215shamal:20190408231618j:image

スピリチュアルなものに憧憬の念を持っているわけではございませんが、日常的に実利を取る生活をしていると、精神の均衡をはかる意味でこういった場所が必要だと感じます

 

お詣りを済ませて、京都駅に向かいます。

f:id:cheru-215shamal:20190408231646j:image

駅に到着したら、輪行袋へ自転車を仕舞い新幹線口へ

 

こちらの最寄りに着いて自転車を組み立て…

えー(´・ω・`)…

 

輪行袋の底に穴が開いていて、リアホイールの脱着に必要なスルーアクスルを落としてきてんじゃんよ…

 

仕方なく、届け出だけは出してリアホイールが固定出来ていないまま、超安全運転で帰ってきたのでした。

後で、スルーアクスルを取り寄せようとして、純正品は9,000円もすると知り愕然( ゚Д゚)…


あの一般人から見たら何の価値も感じられないであろう142mmばかりの金属棒が9,000円…

 

それを買うまでマレス号は置物ですわ…

春の京都 2019 の3

ただまっすぐ路なりに走って東山慈照寺
通称『銀閣寺』到着です。

f:id:cheru-215shamal:20190408223850j:image

f:id:cheru-215shamal:20190408223832j:image

質素に感じられながら高貴な佇まい

f:id:cheru-215shamal:20190408223717j:image

 

銀閣寺が目指したものは、『自然と調和していながらの存在感』だと私は思っていて、観音堂も本堂も、シンボリックな銀沙灘も向月台も
中門に至る垣根さえも


f:id:cheru-215shamal:20190408223711j:image

 

どれをとっても主張し過ぎず、かといって地味で目立たないわけでは決してなく、対比とされる金閣寺より質素な意匠でありながら、気品溢れる渋い侘び寂びの世界であります。



f:id:cheru-215shamal:20190408223804j:image

おそらく、足利義政はこの世界観を建造物にする為かなり熟考した筈

これは哲学向きですわヽ(´▽`)


f:id:cheru-215shamal:20190408223748j:image

というわけで、銀閣寺を出てから『哲学の路』を散歩することにしました。

 

桜は満開未満
物想いに耽る…とまではいきませんでしたが、まったり歩いていきます。

 


f:id:cheru-215shamal:20190408223734j:image

 

f:id:cheru-215shamal:20190408224200j:image
f:id:cheru-215shamal:20190408223727j:image